排水管の水漏れによる交換は難しくない

水漏れする原因はいろいろとありますが、排水管の老朽化の問題があります。排水管も時間とともに老朽化していく部材であり、いつまでも使い続けることができるわけではありません。破損する要因ともなってくるため、一定期間が過ぎれば交換を考えていくべきでしょう。

■交換は難しくはない

排水管の水漏れが分かったときに、真っ先に疑うのはどこかで詰まっているという状況です。これが問題ではないと判別できた時には、交換を考えていかなければいけません。ほとんどの場所は素人では交換が難しい場合がほとんどです。しかし、洗面所など排水管が露出している場合には、自分で交換するといった手法も取れます。
部材が用意できること、道具があることなどの条件が満たされていることが大切で、自信がない時には専門業者に依頼するほうが間違いはありません。手に入らないようなものがある場合には、代用するといったことが難しいため、素直に依頼することが必要です。

■交換は慎重に

交換する場合には、ゴム手袋やバケツ、給水シートなども用意しておくといいでしょう。トラップ管から外していきますが、ナットを外す必要も出てくるため、モンキーレンチなどが必要です。できれば、ナットを壊さないためにも、適切なサイズのスパナを用意したほうがいいでしょう。
交換するときには、慎重に行うだけではなく、水漏れしてしまう可能性も考慮し、雑巾なども大量に用意して始めていく必要があります。外した順番で組み上げていけば問題はありませんが、最終的に交換した排水管が水漏れしていないか十分に確認をすることが大切です。

■まとめ
交換は、順番と部品が分かれば、難しいことではありません。ただし固着していることもあり、簡単に外すことができない場合もあります。無理をしてしまうと、損害を広げてしまうようなことも出てくるため、できないと思ったときには、専門業者に依頼しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ