キッチンの排水管の水漏れを防ぐパイプの話

さまざまなところに排水管は通っています。それらすべてにおける水漏れの可能性を、ゼロにすることはできません。特に頻繁に使うキッチンの場合、パイプが変質してしまい、水漏れを起こしてしまうことが考えられます。

■キッチンに使われている塩ビパイプ

キッチンに使われている排水管は、塩ビパイプが使われています。油なども流れてきますし、酸性やアルカリ性の物質もあるでしょう。強力な性質を持っているものは少なくても、排水トラップを作って、臭いや害虫を防御していることを考えれば、変質しにくい塩ビパイプが必要になってきます。
しかし、キッチンには他にもいろいろとパイプを変形させたり変質させてしまう要因があります。特に注意していかなければいけないのが、熱湯を使っている点です。これが水漏れの原因になってしまうことを理解しておく必要があります。

■熱湯はパイプに隙間を作り出す要因

キッチンでは、熱湯を使うこともありますが、物質は加熱すると膨張します。冷やせば収縮することになるでしょう。パイプでも同じです。キッチンで熱湯を流せば、どうしてもゆがんでしまうことになります。1回2回で大きな問題になることはなくても、繰り返していくことで隙間が生まれやすくなるのは確かです。普段から熱湯ではなく、50度ぐらいにすることによって、配管にこびりついた油汚れも流すことができるでしょう。温度はうまくコントロールすると水漏れ防止にもなっていくため、ボールなどに移してから流すようにするといいです。


■まとめ
排水管に使われているパイプの特性を知ると、水漏れやつまりに対する予防策にもつながっていきます。熱湯はどうしても使うことが出てくるのがキッチンです。普段から意識的に覚ますようにするだけではなく、パイプ洗浄剤を使ったりして清潔な環境を作っておけば、水漏れ対策に強力に作用するでしょう。簡単なことですので、日々の生活の中で意識しておくことが重要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ